LINEアカウントで簡単にできる占い!

今の会社で満足している?電話占い移籍にみん電占いをお勧めする理由

既に電話占い師として働いている中で、「現在の収入に満足していない」「現在の会社の運営に不満がある」といったような悩みを抱えている方も少なくないはず。
しかし移籍することにより、今までのお客さんが離れ収入が不安定になってしまったり、結果的に収入が上がらなかったなんて言うことも。
そんなあなたに、今回はしっかりと収入を上げるためのサポートが整っているみん電占いについてご紹介!

最大200万円!移籍金制度!

移籍することにより、今までのお客さんが離れてしまい、収入が安定するまで時間がかかる事を危惧されている方も多いのではないでしょうか?
みん電占いでは最大200万円の移籍金制度を実施しております!
移籍金を受け取る条件としては、「過去に電話占いサイト所属経験がある方」という点が必須となり、受け取れる金額に関しては実績に応じての査定になるので前サイトでの報酬が大きいほど査定金額が大きくなるようなシステムになっております。
気になった方は是非気軽に問い合わせをしてみて下さいね♪

業界最高水準の報酬還元率!

移籍前より分給や報酬がさがったらいやだというのは大前提です。
みん電占いではしっかりと報酬を上げていただくために、前ご所属先の報酬を基準に報酬を決めてくれます!
以前の報酬を踏まえて検討してもらえると納得感がありますよね♪
また、みん電占いでは実力や活躍に応じて満足できる分給でお仕事をしていただくために、一か月ごとにマネージャーと分給交渉を行うことも可能です。
中々センシティブなお金面の相談のため、「今まで分給交渉を中々切り出せなかった」と悩まれていた方もそういった機会を作ることが出来ると安心ですね。

実際はどのサイトが報酬率が高い??
「報酬最高水準」「報酬好待遇」「高額報酬」等の表記は多くの電話占いサイトで見られるのでわかりずらいですよね。
報酬率の水準を見極める際には、業界水準が平均20%前後と言われているので、そこを基準に見てみるとわかりやすいですよ♪
また、無料鑑定があることにより、無料分の報酬が削られてしまい、実質的な収入が減ってしまうという場合もあります。
みん電占い無料鑑定もなく、報酬割合平均以上で鑑定分数に応じてそのまま報酬が発生するので安心ですね♪

抜群の集客率と安定のサポート体制

「待機しても相談者がつかない」
「移籍してから相談者が減ったらどうしよう」
そんな悩みを抱えている方にもみん電はしっかりとおすすめができますよ。
みん電占いでは他社にはない女性の悩みに特化した月間2200万PVの自社メディアを運営しており、圧倒的な相談者様の数を誇っております!
また、専任マネージャーがしっかりとフォローし、目標報酬の達成に向け、プロデュースから鑑定の悩みに至るまで常に占い師様をサポートしてくださいます。

電話占いを移籍するならみん電占いがおすすめ

移籍自体かなりハードルが高いことかと思います。
お客さんが集まるかの心配や、本当に報酬を上げられるのかの疑問を感じ、移籍を踏みとどまっていた方も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介したみん電占いは、報酬や集客に対して様々な角度から手厚くサポートがあります。
こちらの記事で少しでも不安が払拭された方は、是非みん電占いに応募してみてはいかがでしょうか♪

自分の希望条件と合った会社を教えて欲しい人は...
あなたの希望や環境に合わせた会社を探すのって面倒ですよね。しかも、面接に必ず受かる訳でもないので、占い師になるまでにいくつもの面倒があります。

そんなあなたをわれわれ「電話占いラボ-占い師採用サポート担当」が手助けいたします。以下のステップであなたの占い師までの道をサポートさせていただきます。

  • STEP.1
    LINEで友だち登録
    まず、下のボタンから「電話占いラボ-占い師採用サポート担当」に友だち登録!
    友だち追加
  • STEP.2
    1分アンケートに回答
    あなたのご経験やご希望の条件について、簡単なアンケートに回答していただきます。
  • STEP.3
    あなたに合った電話占いサイトを紹介!
    アンケートの回答内容から、あなたに合った電話占い会社をご紹介いたします。
  • STEP.4
    面接突破に向けてメンターがアドバイス!
    応募されましたら、各電話占い会社の面接攻略法などをお伝えします。
  • STEP.5
    面接・合格

とりあえず、気軽にLINEしてみてください!

友だち追加

友だち登録前に、サポート内容についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください!
あなたに合った理想の電話占い会社が見つかる「電話占いラボ-占い師採用サポート担当」とは?