【保存版】これでもう後悔しない!電話占い師の求人の選び方6つ

line-banner

1.運営会社を確認する

運営会社の確認は最も大切なことです。よくあるのは、会社と言いながらもレンタルオフィスやマンションのワンルームを使用しているようなケース。これは何か不具合や問題が起きたらすぐに会社をたたみ、その存在を消せることを意味します。このように会社が劣悪だと、当然提供サービスや占い師への対応も同様に劣悪であることが推測できます。

良質な会社の見分け方のひとつの基準として、上場企業or上場企業の子会社・グループ会社が運営している会社をおすすめします。上場しているということは社会的地位や信頼を築けている証です。また、運営会社が他にどのような事業・サービスを展開しているのか確認してみましょう。他のサービスもうまく回り、売上が好調な場合はより信頼できますよね!

きちんとした会社が運営していることの確認は見落としがちですが非常に重要です。必ず念入りに確認しましょう。

2.占い師の労働状況を確認する

人気の占い師は非常によく稼働しています。待機すればすぐさま予約が埋まり、何時間も連続で鑑定するということも珍しくはありません。しかし、裏を返せば人気であり稼げることを理由に、無理に働かせている可能性も垣間見えますよね。

占いとは極度に精神を使うものであり、本来何時間も連続で鑑定することなど不可能です。事実、実力のある占い師が無理な長時間労働に疲弊し、退職or転職することも少なくありません。

稼げる人気占い師に多くの鑑定機会を用意するのはいいですが、毎日・何時間も待機させているようであれば、占い師に稼がせてあげたいのではなく自社の利益のために占い師をコキ使っているといえるでしょう。

そのような会社に引っかからぬよう、ユーザー用のサイトで所属占い師の待機・労働状況をよく確認しましょう。「あれ、この占い師今日も長時間待機している…」と感じたら、その会社は危険かもしれません!

line-banner

3.「稼げる」以外のアピール点があるか確認する

「業界最高水準の報酬」「誰でも高報酬を得られる」「分給100円以上も可能」など、占い師を釣るために「稼げる」アピールがありますが、正直どの会社も決まり文句のように使用しており、これだけでは良い会社かどうか判断できません。

ですので、求人・採用ページを見る際には「占い師のサポート体制がしっかりしている」「集客力がある」など他のポイントを確認しましょう。

さらに、その情報が具体的であるかどうかも重要です。「サポート体制がしっかりしている」ならばシフト・ノルマ・事務局スタッフの声・査定などにきちんと言及しているか。「集客力がある」ならば集客方法・メディア露出・独自のブランディング戦略などにきちんと言及しているか。

「稼げそうだし、なんとなく求人ページがカッコいいから」という安易な判断で応募するのは大変危険ですので、求人はよく読み込み、その会社の強みを把握しましょう。

4.未経験者は自分が活躍できる環境か確認する

未経験者を募る宣伝文句として「人から相談されることが多い」「直感が鋭いと言われる」「悩みを聞くのが好き」などがありますが、まず始めに電話占い師として活躍することは簡単でないことを理解してください。

ですので、初心者歓迎!と宣伝する会社に入っても、全然予約が入らないということも多々あります。ベテラン占い師が多い場合、それは特に顕著です。お客様がベテラン占い師に流れ、ルーキーは待機してもほぼ予約が入りません。強豪と言われる部活動に入部して出場機会に恵まれないのであれば、本当に初心者の多い部活で活躍したほうがいいのと同じです。

ですので、未経験者を募集しているだけでなく、その会社に実際に未経験から活躍した占いい師がどの程度いるのかをよく調べた上で求人に応募することをオススメします。

recruit

5.他の会社とよく比較する

ひとつの求人だけを見て、この会社がいい!と決めるのはNG。たくさんの会社を分給・シフト・集客力で客観的に比較したうえで決めましょう。

比較することにより、自分の求めている条件にマッチする会社が見つかりやすくなります。例えば条件を「分給60円以上、ペナルティがない、集客力が一定以上ある」と絞り、会社を見てみます。すると「分給はいいけど集客力が微妙」「集客はいいけどペナルティがある」など、部分的には条件を満たすが、オールオッケーではない会社が意外にも多いことに気づくでしょう。

しかし、そこで妥協しては後々「ペナルティがつらい」「集客が弱くてお客様が入らない」と後悔しますので、数多くの比較を繰り返し、自分に最適な会社を選びましょう。

6.応募前にサービス名で調べてみる

求人が少しでも怪しいと感じた場合、サービス名でグーグル検索してみましょう。

例えば「電話占い 〇〇」という会社の求人ページを見て、「この会社儲かってるのかな?」「在籍している占い師は力があるのかな?」と疑問に感じたら、ユーザー口コミ&占い師の口コミを見てみましょう。

・電話占い口コミ掲示板&人気占いランキング「ウラスピ」
・ウラコミ: 電話占い口コミ掲示板 占い口コミ情報
・当たる占い店を探せ!レディスピ(占い店総合情報)

などで運営会社(と所属する占い師)に関するスレッドを読み、ユーザーや占い師にきちんと評価されている会社なのかを確認しましょう。

おすすめの求人をLINEで紹介!(無料)

line

これまで、電話占い師の求人の選び方を紹介してきました。

「じゃあ、具体的に私に合う会社ってどこなの?」と気になりますよね!

・分給が良い会社は?

・シフトの融通が効く会社はどこ?

・事務局のサポートが手厚い会社を紹介して欲しい!

などの相談を毎日受けております!

気になった方は、ぜひLINEで友だち追加し、相談してみてください!

友だち追加数