バイト感覚で稼げる?電話占い師として働く楽しさ5つ


電話占い師という仕事は人の心を扱うものですから、やはりそれほど気楽なものでありません。しかし一度コツを覚えてしまえば結構効率の良い仕事であり、その分高い満足度が得られるのも事実です。今回はそんな電話占い師として働くことの楽しさをいくつかあげてみました!

バイト感覚で柔軟に働ける

電話占い師として働く魅力として、何と言ってもバイトのような柔軟さが効くことがあります。

何よりも、「自宅に居ながらにして働ける」というメリットは何ものにも代えがたい魅力を持っています。誰だってどこかに出かける前にはそれなりの準備が必要です。特に女性は「家を出る前に七人の敵がいる」とさえ言われるほどです。在宅勤務にはそういったわずらわしさがないのが一番の魅力です。

とにかくどんなに暑くても寒くても、またどんなに天気が悪くても、家の中でできる仕事というのはそれだけで貴重な要素です。そういう意味では電話占いも一応内職の部類に入るのでしょう。もちろん一日いくらになるという確実な内職ではありませんが、それも実力次第です。

それに関連して、自分の好きな時間だけ働けるという点も大きなアドバンテージとなります。疲れれば好きなだけ休めるし、調子が良ければ好きなだけ待機時間を延長できます。時間を自由に設定できるということは、何よりもぜいたくなことではないでしょうか。

自分の好きな環境・時間にあわせて働けるのは楽しいですよ!

学びとしての魅力

たとえ何十年も占い師をやってきた人でも、人様を鑑定することによって学べるものはたくさんあります。そういう人にとって電話占いは、鑑定そのものが学びであると同時に、手の届くところに資料が置いてあるので常に勉強できるというメリットがあります。さらに鑑定したことを整理し、保存し、調べ直すこともすぐにできます。

対面鑑定をしていると、ちょっとした合間にそうした整理や保存や調べ物をするのはほとんど不可能に近いのが現状です。つまり対面鑑定はほとんどが放電作業となります。しかし電話占い師は、時間があればすぐに資料を見るなどして充電できるのです。充電は自分の実力を高める第一条件でもあります。

常に放電しながら充電できるということは、仕事しながらでも勉強ができるという理想的な面を持っているのです。そういう日々の繰り返しの中でこそ、自分自身の占術が知らず知らずのうちに向上していると思って間違いありません。逆に言うと、同じところで足踏みしている占い師にはならないで済むということです。

同じ仕事をするなら、学びが多い方が楽しいですよね!

表現力を鍛える魅力

「丸い卵も切りようで四角、物も言いようで角が立つ」ということわざがあります。どんなに占い的には真実のことでも、そのまま相手に投げかけて良いはずはありません。そこは占い師の腕の見せどころのひとつです。つまり電話占い師ほど言葉に神経を遣わなければならない職業はないと言っても良いでしょう。

なにしろ言い方ひとつで相談者様の人生を左右する可能性があるし、何よりも表現力は自分自身の占い師としての評価に直接つながる要素でもあるのです。単なる当てものとして利用される相談者様はともかく、真剣に悩みや苦しみと向き合っている人にとって、占い師の言葉は薬にも毒にもなるということを理解しておきましょう。

それは前向きに考えれば良い意味でのプレッシャーです。つまり電話占いという場は、自分自身の表現力を磨く場であるということです。そこで培った表現力は、占い師自身の魅力となり、ひいては人間力ともなります。自分の言葉が相手の心に届いたことを感じられた瞬間は、電話占い師冥利に尽きる瞬間でもあります。

占いの仕事を通じで人間力の向上にもつながるのことに、私はこの仕事の楽しさを感じています!

社会との関わり方の魅力

仕事は何でもそうでしょうが、自分が社会に求められているという満足感が得られます。特に電話占いの場合は、相談者様からの電話によって始まるので、「自分が必要とされている」という感覚が非常に大きいのです。

しかし、それでおごりたかぶって大先生になってはいけません。謙虚な姿勢は仕事の基本です。特に話し好きの人に気をつけてもらいたいのですが、電話占いは相談者様の話を聞くことから始まります。つまり、聞き上手にならなくてはいけません。上手に相手の話を聞いて理解し、的確な占断を下し、効率よくお伝えするのが理想的な占い師です。自分の占断を一方的に話すなどと言うのは愚の骨頂です。

どんな占い師にとっても、相談者様に明るくなっていただけるのが一番の喜びです。それは自分を選んで電話をかけてきてくれたということに対する感謝以上に、自分が社会に少しでも参加しているのだという満足感を与えてくれます。その満足感は、お金に見合った以上の満足感だと私は思っています!

理不尽なものと戦う魅力

人生は戦いです。特に悩み苦しんでいる相談者様は、何かと戦っていらっしゃるのです。戦っている対象は、人や会社や世の中の理不尽さです。占い師はそれを理解して共感し、矛盾を見つけ、解決法を見出し、それらを伝えるのが仕事です。つまり、占い師は相談者様と共に戦っているのです。

占いの種類によって多少ニュアンスは異なるでしょうが、占いの答えはおしなべて、相談者様が戦っている対象とどう折り合いをつけていくべきかを示唆するものです。それが相談者様にとって最善の方法であることを信じて告げてこそ、相談者様を救うことになるのです。つまり電話占いはさまざまなものと戦う場なのです。

「人は何を望んでいるのかによってその人の価値が決まる」と言います。それは「何と戦っているかによってその人の価値が決まる」とも言い換えられます。その点をしっかり意識していないと、電話占い師はただの愚痴聞き要員に成り果てます。つまり電話占い師は相談者様と共に高い志を目指せる職業なのです。

おわりに

バイト感覚で柔軟に稼げる一方、ほかのバイトと異なり人の悩み解決や個人の成長、社会貢献までできるのが電話占い師の仕事です。

副業を探している方、もっと人の役に立つ仕事がしたい方、人の悩みを解決したい方は、ぜひ電話占い師の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

『みんなの電話占い』がおすすめ!

働きやすい会社を見極める基準として、私たちは以下のポイントをオススメしております。

きちんとした会社が運営しているか?
無理なノルマや、理不尽なペナルティ制度がないか?
初回無料時間でも、占い師に給料が出るか?

この基準に当てはめるだけで、現在数百社ある占い師の募集・求人は、数十社まで絞り込むことができます。
(それほどきちんとしていない会社が多いのですね・・・)

とはいえ、「3つの条件を満たす数十社の中で、どうしてみんなの電話占いがオススメなの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。確かにその通りです。
しかしみんなの電話占いをオススメする理由は、他にもまだまだあるのです。
詳しい内容は、ぜひ以下の記事からご覧ください!

AdAd
AdAd

Related - 関連する記事 -