【保存版】一目でわかる!今アツい電話占い業界の動向まとめ

line-banner

電話占い会社は近年急速に数が増え、その数は100以上あるとも言われています。
このように加速度的に成長中の電話占い業界ですが、気になるのは今後の動き。果たして電話占い業界はどう発展していくのでしょうか?電話占い業界の現在と今後の動向についてまとめてみました!

電話占いの動向

スマートフォンの普及による電話占いの増加

家の人を気にしつつ、固定電話からかけるような時代から、今では「いつでも、どこでも、気軽に」かけられるようになりました。また電話のみならずLINEやメールの鑑定や、「電話占いの先生に会いに行く」というのも、自分の都合でチョイスできるよう多様化してきたこの業界。

これらを可能にした背景には、なんといっても「スマートフォンの普及」があります。

スマートフォンを始めとしたネットワークや通信機器の進歩によって、場所と時間を問わず誰かと繋がっていられる時代になりましたが、これは電話占い業界にも多大な影響を及ぼしました。

例えば、固定電話の時代は夫の目を気にしながらひっそりと電話する必要がありましたが、今では「ちょっとコンビニに行ってくる」という口実で家を抜け、近くの公園のベンチに腰掛けながらかけることが可能になりましたね。

激しさを増す顧客獲得競争

現在、生き残りを懸けて激しい顧客獲得競争が展開されています。創業10年以上の老舗は、会員数は数十万とも言われておりますが、そこに新規事業者が参入し挑んでいく形となります。新規事業者は既存事業者からシェアを奪い、既存事業者は新規事業者からシェアを守るという顧客獲得競争は今後もよりいっそう激しさを増すでしょう。

今後は小手先の集客テクニックではなく、「どれだけ良質なサービスを提供できるか」という純粋な力比べになってくると思われます。どれだけ良い占い師を囲い込めるかが勝負になるでしょう。

その点既存事業者はこれまで積み上げてきたノウハウがあるため有利ですが、一方の新規事業者も悪質なサービスを提供する既存事業者からシェアを奪うチャンスはおおいにあるでしょう。

診てもらう側から診る側へ

想像以上に気さくな占い師の語り口に、お客様は親近感を抱きやすく、中には占いに依存してしまい、いろいろな占い師に手当たり次第電話し、同じ相談を繰り返しする人も現れるようににりました。彼女らには「ジプシー」という俗称がつくまでになっています。

しかし、この頻繁利用が「もしかしたら、自分でも占い師ってやれるんじゃないか?」「煩わしい人間関係を気にせず、自宅で自由に仕事がしたい」という憧れを抱くきっかけとなるのです。そしていつからか「診てもらうのではなく、今度は自分で診たい」「対面は難しいけど、電話ならできるかも」と思うようになり、憧れが現実となるのです。

また、電話占い師を志す人の増加に伴い、占いを基礎から教えてくれるカルチャースクールや本格的な占いの専門学校も今後さらに増加していくと思われます。

line-banner

女性の離婚や非婚の増加の影響

「男は仕事。女は家庭。」という言葉にもあるように、これまでは男性が女性を養うという構造が日本のスタンダードでした。しかし、近年離婚や非婚女性の増加から①経済的に自立したい②育児との両立を望み、柔軟な働き方がしたい③苦労した自分の経験を人の為に役立てたい、といった思いが女性の中に芽生えるようになりました。そして以上3つの条件に見事マッチする電話占い師の仕事が急激に需要されるようになったのです。

今後未婚のシングルマザーや離婚女性はよりいっそう増えると予想されています。ですので、柔軟に稼げてかつ人の役に立てる電話占い師の需要は今後とも増えていくでしょう。

メディアによる影響

メディアの影響によって「芸能人みたいに、有名になりたい」「儲けたい」という、己の内に秘めた欲を刺激される人も、決して少なくありません。

電話占いは基本的に成果報酬・実力主義の世界です。人によって収入差が生まれやすく、頑張った分だけ稼げることを潜在的に望んでいる人はメディアによって電話占いの存在を知り、その世界に足を踏み入れます。

そして、会社側も力のある占い師いには手厚いサポートをつけます。例えば、人気鑑定士と顧客に認識して貰えるよう、会社側が占い師をメディアとのタイアップに頻繁に起用するなど、契約時に特別な条件を盛り込むケースもあるそうです。これは会社にとっては増益、占い師にとっては知名度向上に繋がるので双方にメリットがありますよね。

同業他社との差別化

占い師募集の概要を覗いてみると「専属契約のみ」「掛け持ち可能」など、大手の会社でも契約内容や条件は様々。

専属契約させられる会社の中には、かなり厳しい制約(待機時間が長いなど)が盛り込まれるところもあるので、敢えて掛け持ち可能な会社と契約して、融通が利く部分を上手く活用し、時間を分けて複数のサイトで顧客を得るスタイルを取るなど、占い師の好みによって会社を選択してるようです。

また、会社側も登録している占い師の数を豊富に見せたいので掛け持ちを許可してるところも多くあります。さらに、近年ではメディアでも知名度の高い占い師をゲストに招いたり、対面方式の占いの館と提携して、対面鑑定と同時に電話占いにも待機してもらうようにするなど、電話占いだけとは違った「プレミア感」をアピールし、他社との差別化を視野に入れ始めた運営会社が目立ってきています。

別業界への進出

そして、最近業界全体が注目しているのは「占いを直接肌で体感してもらえる、別の業界への進出」。

占い師と一緒に交流するツアーの企画や、婚活事業への進出も活動視野に入れる動きが見られ、「幸せになるために、領域を問わず全面的にサポートする」というコンセプトに業界の目が集まっているそうです。

現在、占いは「それ自体で独立したビジネス」ですが、今後はお客様の幸せの実現のための「ひとつのビジネス手段」となっていくかもしれませんね。

recruit

まとめ

ライフスタイルそのものが「人それぞれ」であるからこそ、お客様が求めるものも、占い師が求めるものも非常に多様化してきました。

会社の特色を他と差別化するために、運営側も日々時代の動きに敏感になっており、今後は各会社の占い事業(サイト)そのものの合併、統合などによる組織の拡大&強化も有り得るかも知れません。

それだけ「残すべき業界」へと進化したのが「電話占い」なのかも知れないですね☆

など、電話占い師の働き方・転職に関する質問に何でもお答えします!

気になることがあれば、以下のボタンから「友だち追加」&相談してみてくださいね!

あなたにぴったりの会社はどこ?ラインで働き方相談受付中!

line

・分給の上がりやすい会社ってどこ?

・シフトの強制がなく、働きやすい会社がいいな…

・初回無料分の分給が出るところがいい!

・転職したいんだけど、前の会社にバレないか心配…

など、電話占い師の働き方・転職に関する質問に何でもお答えします!

気になることがあれば、以下のボタンから「友だち追加」&相談してみてくださいね!

友だち追加数