どうすれば通る?電話占い会社のオーディションの合格法3つ

line-banner

今このページを読んでいただいているということは、「電話占い師になろうかな」と思っていたり、「電話占い師に応募したけど不採用だった」という状況かもしれませんし、「今は占いをされる方だけど、占いをする方にも興味がある」という方もいるでしょう。

電話占いサイトには、そのサイトのどこかに「占い師募集」という項目があるはずなので探してみてください。合格するためには、応募条件をクリアすることはもちろんですが、それ以外にも合格するためのポイントや、絶対にやってはいけないこともあるので、合格への近道を3つ紹介したいと思います。

合格法1:サイトの占い師をチェック!

電話占いと一言にいっても、方針や傾向があります。そして、その方針と傾向はそのサイトや在籍している占い師のプロフィールを分析していくことで見えてきます。これは他の仕事の応募でも使えることです。そして、マジョリティ(多数派)路線を狙うか、マイノリティ(少数派)路線を狙うかを決めます。
マジョリティ(多数派)路線とは、例えば、自分が霊能力に自信があれば、霊能力を推しているサイトや在籍占い師全員が霊能力持っていたら、そのサイトに応募するという路線です。サイト内での競争がありますが、サイトにもお客さんにもフィットしやすいのが特徴です。
マイノリティ(少数派)路線とは、例えば、自分が占術系で霊能力がないのに、上記のような霊能力系が強いサイトに応募するという路線です。そのサイトの中では浮いた存在になりますが、競争相手が少ないので、珍しいという理由で予約が入ります。ただし、そのサイトに集まるお客さんが求めているものと、自分ができることのズレが出てくるので、「無い」ものの代わりに何かセールスポイントが必要です。

line-banner

合格法2:応募フォーム

まず大切なことは「バレる嘘はつかないこと」です。電話占いサイトの採用担当者は、インターネットであなたを調べるので、あなたがHPやブログやFacebookで活動をしている場合は、その内容と矛盾しているとその時点で信用をなくします。
また、審査が通った後には免許証か保険証のコピーを提出したり、契約書を交わすので、そこでまた矛盾が出てくるとせっかく審査に通っても取り消しになる場合があるので嘘はやめましょう。
占術や霊能力は、できないものや使いこなせないものはデキルと言わないことです。後の審査のハードルを上げてしまうことになるので、自分が辛くなります。
占い経験は「長い方がいいだろう」と思って、長めに申告したくなるかもしれません。ただ、お客さんは「占い経験が長い=ベテラン」と捉えますが、審査をする側から見ると、経験が長ければそれなりのレベルを求めてきます。なので、初めて電話占いサイトに応募するなら、サバ読みはマイナスになるかもしれません。

合格法3:実技テストと電話のやり取り

実技テストの前に、電話面接のようなものがあり、応募動機を尋ねられたり、応募フォームで送ったプロフィールの確認をしたり、今後の流れの確認があります。実は、この段階から実技テストは始まっています。実際に顔を合わせない分、声や言葉遣いや話し方で、電話占い師としてもビジネスパートナーとしても人間性を判断されているのです。
実技テストでは、担当者やスタッフを実際に占う形で実力を審査されることが多いです。電話占いをしたことがない方は、友達にお願いして電話占いの練習をするといいでしょう。対面占いと違って電話占いだと、身振り手振りや表情で伝えることができないので、より一層の会話力や表現力が求められます。例えば、対面占いではタロットカードを指して「このカードは…」とか「こんな感じです」と言えるものも、電話占いではできません。また、対面占いはカードを切ることもパフォーマンスとして魅せることができますが、電話占いだと無駄に時間が流れるだけなので、スピーディーに鑑定することも求められるのです。
もしも時間とお金に余裕があるなら、応募しようとしているサイトで電話占いをしてもらうといいでしょう。それが最もわかりやすいかもしれません。

recruit

どの会社がオススメ?LINE相談受付中!

line

今回はオーディションに通るための合格法と、危険な会社を見極めるポイントについて紹介しました。

しかし、「じゃあ実際どの会社を受ければ良いの?」「どの会社が安心して働ける会社なの?」と思った方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたは、ぜひ一度LINEで友だち追加&相談してください!

・分給が上がりやすい会社はどこ?

・事務局のサポートが手厚いところが良いな

・シフトの強制がある会社は嫌だな..

など、ご希望の条件を元に、あなたにぴったりの会社を紹介します!

友だち追加数